2016/11/01

追悼

2年前、大切な方が亡くなりました。
社会の一員として、
家庭では一家のお父さんとして
大切な方でした。
順調な経過なら、約2週間程度で
元通りの生活に戻れるはずだったのに。

手術は大小様々なリスク、合併症があります。
体にメスが入る以上、『キズの痛み』も含まれるでしょうか。
これらの合併症をいかに回避するか。

手術を問題なく行うことは当然。
それでも生じてしまった合併症なら、
最適な解決策を行えるかどうか、です。
手術は問題なく、終わったと思った。
次の日も大丈夫だと思っていた。

痛みが強くなった夜。
すぐ評価はしたけど、過小評価ではなかったか。
なぜ再手術に踏み切らなかったか。
結果として、最適な解決策をとることができず
大切な人を失ってしまった。

ご家族のキズは癒えたでしょうか。

私は許される日が来るのでしょうか。

あれから2年。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014/02/07

2014年

2014年も2月になりました。

今日はオリンピックの開会式。

しばらく寝不足になりそうですね・・・。

今年の目標。

『英会話習得』、『婚活』とひそかに考えていたのですが、

なにもすすまずに2月になってしまいました。

この10年くらいは同じような日々が流れており、

非常に危険だなぁと危惧しています。

昨年春に環境がかわり、何か変わるかなぁとも思いましたが、

当の本人が変わっていないせいか、同じような日々で。

昨年度まで、大きな目標もあったので、仕事にどっぷりはまっていようで。

昨年暮れにある方から『結婚したい相手でもできたのかと思ってた』と言われるくらい・・・。

それでも、暮れあたりからようやく周りを見る余裕ができた気がします。

今年はがんばろう。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013/09/07

○活

『卵活』 。すごい単語です。

卵子の凍結保存についての興味が高まっているとか。

そのニュースの中で、産婦人科Dr.が、『25-35歳』と数字を挙げていました。

・・・いつのまにやらサエは通り越してしまったみたいで。

いまさら凍結保存しても、あまり元気なものとは思えません。

痛い思いをして、成果が得られないのなら

自然淘汰の上、生き残るものを得る努力をしないと、

元気な妊娠・出産は得られない気がします。

それにしても

卵活の前に婚活しないと。

パーティーとかってどうなんでしょう。

仕事でpowerをほぼ使い切っている現状だと、

参加できる余裕がまったくありません…残念。

もっと先にいって、気づいたら一人っていうのもさみしいし。

どこかにご縁はないものでしょうか。

若かりし頃は、サエの今の年齢では

とうに結婚して、一人や二人、子育てしてると思っていたんですけどねぇ orz。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«学会・夏